Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

即席麺のヤマダイ公式サイトにサイバー攻撃 - 影響範囲を調査中

即席麺の製造、販売を手がけるヤマダイは、同社公式サイトがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。被害状況について調査を進めている。

同社によると、11月5日に従業員がウェブサイトへアクセスしたところ、通常とは異なる乱れた画面となり、意味をなさない文字列などが表示されたことから異常に気が付いたもの。

外部事業者に確認したところ、5日の午前中に攻撃を受けていたことが判明。同社ではウェブサイトの公開を停止し、アクセスを遮断した。

前日や同日朝の時点でも異常は見られなかったという。同社は茨城県や警察に被害を相談するとともに、外部事業者の協力のもと、影響の範囲など詳しく調べている。

公式サイトについては、安全性を確認した異なる環境のもとで再開する準備を進めており、一部機能を除いて11月15日1時ごろに公開を予定。また公式サイト以外の社内ネットワークや製造ラインについては、異なる環境で管理しているとして、業務への影響を否定している。

(Security NEXT - 2021/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害