Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出

衣料小売のライトオンは、公式オンラインショップが不正アクセスを受け、登録会員に関する個人情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によると、会員登録フォームより登録された「ライトオンメンバーズ」の個人情報24万7600件が外部に流出したことが、10月30日に判明したもの。氏名や生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

10月27日に異常なアクセス件数を検知し、同月23日ごろより断続的に攻撃を受けていたことが発覚。対策を講じたが29日にも不正アクセスを確認し、アクセス元との通信を遮断した。また調査を行ったところ、流出したデータに個人情報が含まれていたことが10月30日に判明したという。

同社は11月3日に警察へ被害を申告するとともに、個人情報保護委員会へ報告。翌4日より対象となる顧客に対して個別に連絡を取っている。

同社では、不正アクセス対策や監視体制を強化するほか、外部事業者によるセキュリティ体制の監査を実施し、再発の防止を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2021/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店