Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ

「OWASP Java HTML Sanitizer」をはじめ、「HTML要素」を除去するために複数言語で利用されている「HTMLサニタイザー」において、適切に処理が行われず、クロスサイトスクリプティング(XSS)が可能となる脆弱性が明らかとなった。

「SELECT」「STYLE」「OPTION」要素を許可している場合に、ポリシーが適切に反映されない脆弱性が明らかとなったもの。

同脆弱性の影響により、スクリプトなどのサニタイズが行われず、クロスサイトスクリプティング(XSS)が可能となるもので、実証コード(PoC)も公開されている。

「OWASP Java HTML Sanitizer」では、「CVE-2021-42575」が採番された。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

「JRuby sanitizer」なども同脆弱性の影響を受けるという。また「Go」向けに提供されている「bluemonday sanitizer」や「Python」向けに提供されている「pybluemonday」においても同様の脆弱性「CVE-2021-42576」が判明した。

現地時間10月18日に脆弱性を修正した「OWASP Java HTML Sanitizer 20211018.2」「bluemonday sanitizer 1.0.16」「pybluemonday 0.0.8」がリリースされており、修正版へのアップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開