Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県

長野県は、職員採用試験の合格通知メールを、誤って合格していない受験者へ送信するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、職員採用試験の第1次合格者に、ながの電子申請サービスより合格通知を配信する際、合格者1人を別の不合格者1人と取り違えて配信したもの。

10月8日9時ごろ、合格者番号を同県ウェブサイトに掲載するとともに合格通知を一斉配信したが、翌9日に合格通知は届いたもののサイトに受験番号の記載がないとの連絡があり、誤送信が判明した。

合格通知を配信するため合格者を選択する際、誤った配信データを作成。そのまま配信してしまったという。電子申請サービスでデータを作成しており、個人情報の流出などは発生していない。

同県では対象者に面会して経緯を説明し、謝罪。合格通知が送付されなかった本来の合格者にも説明と謝罪を行い、あらためて合格通知を送信した。

(Security NEXT - 2021/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府