Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も

Juniper Networksは、10月の月例セキュリティ更新であわせて44件のセキュリティアドバイザリを公開した。複数の深刻な脆弱性にも対応している。

アドバイザリ44件において、特定製品のみ影響を受けるものも含め、35件はJunos OSに関連するアドバイザリとなっている。重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」が2件、「高(High)」が22件、「中(Medium)」が20件だった。

これらアドバイザリを通じて、CVEベースであわせて71件の脆弱性に対処している。40件に関しては共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアが「7.0」以上となっており、さらにこのうち4件については「9.0」以上とレーティングされている。

具体的には「Contrail Insights(旧AppFormix)」において修正された「Nodejs」に起因する「CVE-2019-15605」「CVE-2019-15606」および「nodemailer」に関する「CVE-2020-7769」や、同社傘下の128 Technologyが提供する「Session Smart Router」において明らかとなった認証をバイパスされる脆弱性「CVE-2021-31349」で、いずれも「9.8」とレーティングされている。

「CVE-2021-31349」に関しては、イエラエセキュリティの片岡玄太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、修正にあたってはJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。JVNを通じても注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2021/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性