Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も

Juniper Networksは、10月の月例セキュリティ更新であわせて44件のセキュリティアドバイザリを公開した。複数の深刻な脆弱性にも対応している。

アドバイザリ44件において、特定製品のみ影響を受けるものも含め、35件はJunos OSに関連するアドバイザリとなっている。重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」が2件、「高(High)」が22件、「中(Medium)」が20件だった。

これらアドバイザリを通じて、CVEベースであわせて71件の脆弱性に対処している。40件に関しては共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアが「7.0」以上となっており、さらにこのうち4件については「9.0」以上とレーティングされている。

具体的には「Contrail Insights(旧AppFormix)」において修正された「Nodejs」に起因する「CVE-2019-15605」「CVE-2019-15606」および「nodemailer」に関する「CVE-2020-7769」や、同社傘下の128 Technologyが提供する「Session Smart Router」において明らかとなった認証をバイパスされる脆弱性「CVE-2021-31349」で、いずれも「9.8」とレーティングされている。

「CVE-2021-31349」に関しては、イエラエセキュリティの片岡玄太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、修正にあたってはJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。JVNを通じても注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2021/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開
Siemensの「Nucleus RTOS」に13件の脆弱性が判明
パロアルトの「GlobalProtect VPN」に深刻な脆弱性 - 12月に詳細が公開予定