Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み

「Apache Tomcat」の開発チームは、10月初旬にリリースしたアップデートで、サービス拒否の脆弱性に対処していたことを明らかにした。

「WebSocket」における接続を開放しないことからリソースが枯渇し、サービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2021-42340」について、10月14日に公開したもの。

9月23日に報告を受けたもので、10月1日にリリースした「同10.1.0-M6」「同10.0.12」「同9.0.54」や、同月6日にリリースした「同8.5.72」にて修正済みだという。

開発チームは、利用者に対してアップデートを実施するよう呼びかけた。脆弱性を公表を受けて、セキュリティ機関からも注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2021/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正