Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大

山形大学は、同大一部学部の試験で使用された解答用紙のファイル内に過去の成績情報が残存し、学生に流出したことを明らかにした。

同大によれば、地域教育文化学部において用いた前期期末試験の解答用紙を含むファイル内に、2020年度に受講した学生62人分の成績情報が残っていたことが判明したもの。2021年度の学生50人に流出した。

問題の判明を受けて、同大では2021年度の学生に対して謝罪するとともにファイルの削除を依頼。あわせて完了後に報告するよう求め、ファイルが削除されたことを確認した。また成績情報が流出した2020年度の学生に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
開室状況の案内メールで誤送信 - 専修大
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協