Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に

今回の指摘に対してSalesforceは、「Salesforce DX CLI」をインストールした環境に影響がある問題だが、設計通りの動作で同プラットフォームの脆弱性ではなく、利用者によるアクセス権限の誤った設定に起因する問題であると反論している。

デフォルトで許可していることについては、開発者やさまざまなアプリケーションで一般的に使用されていることを理由として挙げ、利用者は悪用を防ぐために設定を変更してアクセス制御を導入できると説明。

詳細については、関連するヘルプドキュメントなどを確認するよう利用者へ求めている。

(Security NEXT - 2021/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正