Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消

PHPの開発チームは、アップデートとなる「PHP 8.0.11」「同7.4.24」「同 7.3.31」をリリースした。

いずれも「セキュリティリリース」との位置づけで複数の脆弱性に対処した。開発チームでは、各系統の利用者に対してアップデートするよう呼びかけている。

今回修正された「CVE-2021-21706」は以前より指摘を受けていた脆弱性。Windows環境においてディレクトリ外のファイルをzipアーカイブに含めることが可能になるという。

また2017年より複数回にわたって修正されてきた整数オーバーフローの脆弱性「CVE-2017-8923」が、文字列の連結により生じることが判明し、修正を行った。

同脆弱性は、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアが「9.8」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市