Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消

PHPの開発チームは、アップデートとなる「PHP 8.0.11」「同7.4.24」「同 7.3.31」をリリースした。

いずれも「セキュリティリリース」との位置づけで複数の脆弱性に対処した。開発チームでは、各系統の利用者に対してアップデートするよう呼びかけている。

今回修正された「CVE-2021-21706」は以前より指摘を受けていた脆弱性。Windows環境においてディレクトリ外のファイルをzipアーカイブに含めることが可能になるという。

また2017年より複数回にわたって修正されてきた整数オーバーフローの脆弱性「CVE-2017-8923」が、文字列の連結により生じることが判明し、修正を行った。

同脆弱性は、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアが「9.8」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2021/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ