Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を

Citrix Systemsは「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性が含まれていることを明らかにした。早急に修正するよう求めている。

同製品のストレージゾーンコントローラーにおいて、リモートより認証なしにアクセスされるおそれがある脆弱性「CVE-2021-22941」が判明したもの。

同製品は、暗号化の設定が意図せず無効となる脆弱性「CVE-2021-22932」が8月に明らかとなっているが、別の脆弱性となる。

同社は、今回明らかとなった「CVE-2021-22941」を「同5.11.20」にて修正。同バージョン以降へ可能なかぎり早くアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性