Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のQRコードを用いたログインにおいて2要素認証を回避される脆弱性が存在したことを明らかにした。海外において脆弱性を悪用した不正ログインも発生していた。

同社によれば、「Windows版」「macOS版」「iPad版」「Chrome版」において、QRコードを用いたログインを行う際、本来求められるはずの2要素認証がバイパスされる脆弱性が存在したという。

攻撃者が、QRコードログインのURLを取得。被害者を同URLへアクセスさせ、ログインを完了させる画面に誘導して「ログイン」ボタンを押させることで、PINコード入力による2要素認証を脆弱性によってバイパスし、攻撃者のデバイスでログインを完了できる状態だった。

ログインされると、「トーク内容」「友だち」「グループ」「トークリスト」「タイムライン」「Keep」の保存コンテンツなどを閲覧されるおそれがある。

7月3日に同社のバグバウンティプログラムを通じて報告があり、脆弱性が判明した。脆弱性は2019年11月25日以降存在しており、修正した7月7日19時ごろまでに556件のユーザーにおいて脆弱性を利用したログインが行われていた。

(Security NEXT - 2021/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
ヘアアクセサリ通販でクレカ情報4538件が流出 - 9割超は不正カード情報
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開