Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のQRコードを用いたログインにおいて2要素認証を回避される脆弱性が存在したことを明らかにした。海外において脆弱性を悪用した不正ログインも発生していた。

同社によれば、「Windows版」「macOS版」「iPad版」「Chrome版」において、QRコードを用いたログインを行う際、本来求められるはずの2要素認証がバイパスされる脆弱性が存在したという。

攻撃者が、QRコードログインのURLを取得。被害者を同URLへアクセスさせ、ログインを完了させる画面に誘導して「ログイン」ボタンを押させることで、PINコード入力による2要素認証を脆弱性によってバイパスし、攻撃者のデバイスでログインを完了できる状態だった。

ログインされると、「トーク内容」「友だち」「グループ」「トークリスト」「タイムライン」「Keep」の保存コンテンツなどを閲覧されるおそれがある。

7月3日に同社のバグバウンティプログラムを通じて報告があり、脆弱性が判明した。脆弱性は2019年11月25日以降存在しており、修正した7月7日19時ごろまでに556件のユーザーにおいて脆弱性を利用したログインが行われていた。

(Security NEXT - 2021/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
メール機器に脆弱性、約7カ月半にわたり侵害 - 教職員支援機構
「Ivanti Connect Secure」のゼロデイ脆弱性、侵害状況の確認を
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
複数サイトに攻撃、DBのテーブル名を取得された痕跡 - 紀伊國屋書店