Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務支援ソフト「Confluence」の深刻な脆弱性 - 国内でも探索行為を観測

Atlassianの業務支援ソフトウェア「Confluence Server」「Confluence Data Center」に深刻な脆弱性「CVE-2021-26084」が見つかった問題で、JPCERTコーディネーションセンターは、国内において脆弱性を探索する通信を観測していることを明らかにした。

「CVE-2021-26084」は「OGNLインジェクション」の脆弱性。任意のコードを実行されるおそれがあり、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされている。

脆弱性の詳細や実証コードが公開されているほか、悪用が確認されたことから、同社や米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では注意喚起を行っている。

JPCERTコーディネーションセンターによると、国内において同脆弱性を探索する通信を確認しているという。脆弱性を悪用して、暗号資産を採掘するクリプトマイナーが設置されているとの情報もあると指摘、早期に対応を行うよう注意を求めている。

(Security NEXT - 2021/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応