Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高速道路の「ETCサービスが無効になった」と不安煽るフィッシング

国内高速道路会社6社が運営し、ETC利用の利用状況を確認できる「ETC利用照会サービス」を装ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

2021-09-07_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、「ETCサービスのお知らせ」「普段と異なる環境からのログインを検知しました」など複数の件名で送信されており、すでに7種類が確認されている。

メールの本文では「ETCサービスが無効になった」などと説明。「24時間以内に確認しないとアカウントをロックする」などとして不安を煽り、引き続きサービスを利用するにはリンク先より詳細を確認する必要があるなどとして偽サイトへ誘導していた。

誘導先のウェブサイトでは、メールアドレス、パスワードのほか、支払い方法が無効になったなどとだまして、氏名や住所、生年月日、携帯電話番号、メールアドレス、クレジットカードの名義、カード番号、有効期限、セキュリティコードだまし取る。

9月7日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
クラウドサービスの請求額通知などを偽装するフィッシングに注意
「PayPayカード」の利用通知に見せかけた詐欺メールに警戒を
「OCN」装うフィッシング - 正規キャッシュレスサイトで金銭詐取も
「ビューカード」のフィッシング - 2種類の偽ログインページを用意
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング