Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Atlassian「Confluence」のRCE脆弱性 - 悪用確認、早急に対処を

Atlassianの業務支援ソフトウェア「Confluence」において8月下旬に修正された脆弱性が悪用されていることがわかった。アップデートが呼びかけられている。

「Confluence Server」「Confluence Data Center」において「OGNLインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-26084」が明らかとなったもの。

認証を必要とせず、構成に関係なく任意のコードを実行されるおそれがあり、同社は脆弱性の重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」。

同脆弱性は同社のバグバウンティプログラムを通じて報告され、同社では8月25日に脆弱性を修正するアップデート「同7.13.0」「同7.12.5」「同7.11.6」「同7.4.11」「同6.13.23」をリリースしているが、脆弱性の悪用が確認されたことから同社はセキュリティアドバイザリを更新。あらためて最新版へアップデートするよう求めた。

これを受けて、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では注意喚起を実施。同脆弱性に関しては、国内においてもJPCERTコーディネーションセンターが、脆弱性の詳細や実証コードが公開されているとして注意を呼びかけている。

なお、「Confluence Cloud」に関しては同脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2021/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正