Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大

神戸海星女子学院大学は、同大メールアカウント1件が不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、同大部署で利用するメールアカウントが不正アクセスを受け、8月24日22時ごろから25日1時14分にかけて、同アカウントから1万件の迷惑メールが送信されたことが確認されたもの。

同大によると、外部事業者による調査では情報流出の可能性はないとの報告を受けていると説明。アカウントを侵害された原因については開示できないとしてコメントは避けている。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
読売新聞オンライン、アカウント2070件に不正ログインの疑い - 試行や失敗の増加も
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター