Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大

神戸海星女子学院大学は、同大メールアカウント1件が不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、同大部署で利用するメールアカウントが不正アクセスを受け、8月24日22時ごろから25日1時14分にかけて、同アカウントから1万件の迷惑メールが送信されたことが確認されたもの。

同大によると、外部事業者による調査では情報流出の可能性はないとの報告を受けていると説明。アカウントを侵害された原因については開示できないとしてコメントは避けている。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出