Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで

大阪市は、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種対象者に送付した案内ハガキで、誤った宛名により送付するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種対象者1万8967人に案内ハガキを送付した際、誤った宛名で送付するミスがあったという。

8月2日に委託業者が案内ハガキを発送したが、翌3日にハガキを受け取った4人から、宛名が違うとの指摘があり、誤送付が判明。8月10日の時点で1898人分に関しては郵便局から返送された。

同市職員が、ワクチン接種対象者の宛名データ作成作業の際、宛名データを郵便番号順に並び替える作業で操作を誤り、氏名と住所にズレが発生。そのまま委託業者に提供してしまったという。

同市では対象者に対し、謝罪の書面とともにワクチンの案内文書を添えた封書を送付している。

(Security NEXT - 2021/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
氏名と住所が一致しないアンケートを誤送付 - 大阪市