Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで

大阪市は、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種対象者に送付した案内ハガキで、誤った宛名により送付するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種対象者1万8967人に案内ハガキを送付した際、誤った宛名で送付するミスがあったという。

8月2日に委託業者が案内ハガキを発送したが、翌3日にハガキを受け取った4人から、宛名が違うとの指摘があり、誤送付が判明。8月10日の時点で1898人分に関しては郵便局から返送された。

同市職員が、ワクチン接種対象者の宛名データ作成作業の際、宛名データを郵便番号順に並び替える作業で操作を誤り、氏名と住所にズレが発生。そのまま委託業者に提供してしまったという。

同市では対象者に対し、謝罪の書面とともにワクチンの案内文書を添えた封書を送付している。

(Security NEXT - 2021/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
マイナンバーカード交付通知書を誤送付 - 志摩市
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
賞品発送時に宛名ラベルを二重貼り、個人情報が流出 - 宮城県
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県