Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、月例パッチを公開 - 深刻な脆弱性も複数修正

また「高(High)」とされる脆弱性に関しては、CVSS基本値がいずれも7以上と評価されており、このうち3件は8台前半となっている。

あわせて6月の月例パッチで修正された「SAP NetWeaver AS ABAP」や「ABAPプラットフォーム」が影響を受ける「CVE-2021-21473」についても、情報をアップデートし、利用者へ注意を呼びかけた。

今回のアドバイザリであらたに修正された脆弱性は、CVEベースで以下のとおり。

CVE-2021-33690
CVE-2021-33691
CVE-2021-33692
CVE-2021-33693
CVE-2021-33694
CVE-2021-33695
CVE-2021-33696
CVE-2021-33697
CVE-2021-33698
CVE-2021-33699
CVE-2021-33700
CVE-2021-33701
CVE-2021-33702
CVE-2021-33703
CVE-2021-33704
CVE-2021-33705
CVE-2021-33707

(Security NEXT - 2021/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース