Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意

「JALカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会では注意喚起を行った。

問題のフィッシング攻撃では、「長期間パスワードを変更していないお客様に対してパスワードの変更をお願いしております」などと、パスワードの変更依頼を装い、メールを送り付けていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、顧客番号やパスワードにくわえて、クレジットカード情報や電話番号、郵便番号、生年月日、認証コードの情報なども入力させようとしていた。

7月15日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
クラウドサービスの請求額通知などを偽装するフィッシングに注意
「PayPayカード」の利用通知に見せかけた詐欺メールに警戒を
「OCN」装うフィッシング - 正規キャッシュレスサイトで金銭詐取も
「ビューカード」のフィッシング - 2種類の偽ログインページを用意
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング