Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三井住友銀行」や「三井住友カード」を装うフィッシング攻撃

フィッシング対策協議会は、「三井住友銀行」や「三井住友カード」を装い、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃の報告を受けているとして、注意喚起を行った。

「三井住友銀行」の利用者を狙った攻撃では、セキュリティ強化にともない、確認作業が必要などとだまし、偽サイトへ誘導する手口。メールにくわえて、SMSで誘導するケースもあり、誘導先は同じURLだった。フィッシングサイトでは、口座情報や暗証番号、携帯電話番号、生年月日などを入力させようとする。

「三井住友カード」のブランドを悪用した手口では、本人の利用であるか確認したい取引があるなどとして、フィッシングサイトへのアクセスを促していた。誘導先のフィッシングサイトでは、ログインIDやパスワードのほか、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、生年月日、電話番号、口座番号の下4桁、パスワードなどの入力を求める。誘導先として少なくとも6件のURLが利用されているという。

いずれも7月5日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意
クレジットカード「ゆめカード」の利用者を狙ったフィッシング
「PayPay銀行」装うフィッシング - Visaデビット番号を標的に
音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か