Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワークショップ申込者への連絡メールで誤送信 - 門真市

大阪府門真市は、市民ワークショップの申込者への連絡メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、6月15日15時前、市民ワークショップ申込者22人に送信した開催場所の変更を連絡するメールにおいて誤送信が発生したもの。送信先のメールアドレスを誤って宛先に設定したため、受信者間にメールアドレスが表示される状態となった。

担当者は送信直後に問題へ気が付き、対象となる申込者に電話で経緯を説明して謝罪。誤送信したメールの削除を依頼した。2人に関しては電話で連絡がとれなかったため書面を送付したという。

(Security NEXT - 2021/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER