Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多

5月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告は前月から大きく減少する一方、URLは増加した。悪用されたブランドの件数が過去最多となっている。

同月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は3万5016件。過去最多となった前月4万4307件から9291件減となった。1日あたり1129.6件となる計算で1476.9件から大きく減少している。

例年5月に報告数が減少する傾向は見られておらず、ゴールデンウィークによる影響はないと見られる。また前月より大幅に減少したものの、2020年の水準を上回る状況に変わりはなく、引き続き注意が必要だ。

報告件数が大幅に減少する一方で、フィッシング攻撃に悪用されたURLは、前月から228件増となる5819件となり、2021年で見ると、もっとも多かった1月の5884件に次いで多くなった。

20210604_ap_001.jpg
フィッシングの報告件数およびURLの推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
「フィッシング詐欺」、1年に3回も被害あったケースも
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
不正送金被害が前年比5倍と過去最悪 - 年末年始もフィッシング攻撃に警戒を
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
J-CSIP、24件の脅威情報を共有 - 標的型攻撃は5件
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少