Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多

5月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告は前月から大きく減少する一方、URLは増加した。悪用されたブランドの件数が過去最多となっている。

同月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は3万5016件。過去最多となった前月4万4307件から9291件減となった。1日あたり1129.6件となる計算で1476.9件から大きく減少している。

例年5月に報告数が減少する傾向は見られておらず、ゴールデンウィークによる影響はないと見られる。また前月より大幅に減少したものの、2020年の水準を上回る状況に変わりはなく、引き続き注意が必要だ。

報告件数が大幅に減少する一方で、フィッシング攻撃に悪用されたURLは、前月から228件増となる5819件となり、2021年で見ると、もっとも多かった1月の5884件に次いで多くなった。

20210604_ap_001.jpg
フィッシングの報告件数およびURLの推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系