Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市

北海道函館市は、民生委員や児童委員が地域において援助活動を行うための情報が記載された住民名簿が、所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、17世帯24人分の氏名、住所、生年月日、性別、続柄などが記載されている名簿1枚が見当たらないことが5月13日に判明したもの。

民生委員や児童委員は、援助活動に必要となる住民情報を把握するため、年に1度、市庁舎の会議室で名簿を閲覧しており、2021年は4月30日から5月17日にかけて実施したが、5月13日午後の部の閲覧終了後に名簿1枚を紛失していることが判明した。

同日午前の部に対象となる名簿の閲覧はなく、最後に閲覧された12日午後の部終了後の時点で名簿の枚数に不足がないことを同市職員が確認していた。枚数確認時に誤りがあった可能性も考慮し、紛失が発生していなかったことがわかっている5月6日以降に来庁した委員に電話で確認したが、誤って持ち帰ったとする委員はいなかったという。

同市では、名簿のバックアップデータを保有しており、対象者を特定。関係者を訪問し、経緯の報告と謝罪を行った。名簿の紛失による業務への影響は出ていないとしている。

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市