Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新

Mozilla Foundationは、最新ブラウザ「Firefox 89」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、ツールバーやメニュー、ダイアログなどユーザーインタフェースの見直しを実施したほか、CVEベースで9件の脆弱性を解消した。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とレーティングされた脆弱性は2件。メモリ破壊が生じ、任意のコード実行に悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-29967」を修正。またAndroid版のパスワードマネージャにおいて、パスワードの提案におけるドメインのなりすましが可能となる「CVE-2021-29965」に対処した。

さらに重要度が「中(Moderate)」とされる脆弱性5件や、「低(Low)」2件を解消。同時に公開された延長サポート版「Firefox ESR 78.8」では、9件のうち、2件の脆弱性を修正している。

同時に「Firefox for iOS 34」をリリースしており、プライベートブラウズモードのファイルダウンロード時に「Cookie」が共有される脆弱性「CVE-2021-29958」を解消した。iOS版のみ影響がある脆弱性で重要度は「中(Moderate)」。

「Firefox 89」で修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-29959
CVE-2021-29960
CVE-2021-29961
CVE-2021-29962
CVE-2021-29963
CVE-2021-29964
CVE-2021-29965
CVE-2021-29966
CVE-2021-29967

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市
メール誤送信で教員選考試験受験者のメアド流出 - 沖縄県
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正