Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新

Mozilla Foundationは、最新ブラウザ「Firefox 89」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、ツールバーやメニュー、ダイアログなどユーザーインタフェースの見直しを実施したほか、CVEベースで9件の脆弱性を解消した。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とレーティングされた脆弱性は2件。メモリ破壊が生じ、任意のコード実行に悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-29967」を修正。またAndroid版のパスワードマネージャにおいて、パスワードの提案におけるドメインのなりすましが可能となる「CVE-2021-29965」に対処した。

さらに重要度が「中(Moderate)」とされる脆弱性5件や、「低(Low)」2件を解消。同時に公開された延長サポート版「Firefox ESR 78.8」では、9件のうち、2件の脆弱性を修正している。

同時に「Firefox for iOS 34」をリリースしており、プライベートブラウズモードのファイルダウンロード時に「Cookie」が共有される脆弱性「CVE-2021-29958」を解消した。iOS版のみ影響がある脆弱性で重要度は「中(Moderate)」。

「Firefox 89」で修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-29959
CVE-2021-29960
CVE-2021-29961
CVE-2021-29962
CVE-2021-29963
CVE-2021-29964
CVE-2021-29965
CVE-2021-29966
CVE-2021-29967

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス