Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険事故の損害調査など受託する海外事務所にサイバー攻撃 - 日本海事検定協会

日本海事検定協会は、同協会のシンガポール事務所がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。情報流出の可能性も含め、調査を行っている。

同協会によれば、5月12日にシンガポール事務所がサイバー攻撃を受けたことが判明したもの。現在、外部事業者によるフォレンジック調査を実施している。

被害の範囲など調査を進めている段階で、詳細は明らかにしていない。同事務所では、複数の損害保険会社より貨物海上保険や船舶保険などの保険事故における損害調査業務を請け負っており、今回のサイバー攻撃にともない、保険契約などに関連した情報が外部に流出した可能性も踏まえて調査を行っているものと見られる。

またサイバー攻撃を受けたのは、同協会シンガポール事務所のみとしており、他海外事務所や現地法人、国内における本部、事業所ではサイバー攻撃は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も