Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険事故の損害調査など受託する海外事務所にサイバー攻撃 - 日本海事検定協会

日本海事検定協会は、同協会のシンガポール事務所がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。情報流出の可能性も含め、調査を行っている。

同協会によれば、5月12日にシンガポール事務所がサイバー攻撃を受けたことが判明したもの。現在、外部事業者によるフォレンジック調査を実施している。

被害の範囲など調査を進めている段階で、詳細は明らかにしていない。同事務所では、複数の損害保険会社より貨物海上保険や船舶保険などの保険事故における損害調査業務を請け負っており、今回のサイバー攻撃にともない、保険契約などに関連した情報が外部に流出した可能性も踏まえて調査を行っているものと見られる。

またサイバー攻撃を受けたのは、同協会シンガポール事務所のみとしており、他海外事務所や現地法人、国内における本部、事業所ではサイバー攻撃は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃