Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3機関以外で政府情報の流出確認されず - 政府

富士通のプロジェクト情報共有システム「ProjectWEB」が不正アクセスを受けた問題で、政府は、現在公表されている3機関以外において、政府に関する情報流出は確認されていないことを明らかにした。

加藤勝信官房長官が5月27日午前の会見で説明したもの。すでに公表済みである内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)、国土交通省、外務省以外の政府機関において、政府の重要な情報が流出したとの報告は受けていないという。

不正アクセスは、富士通のシステムに対するものであり、政府のシステムにおける被害は確認されておらず、関係業務において支障が生じていないことをあらためて強調。富士通に対しては、引き続き原因や不正アクセスにより流出した情報について報告するよう求めている。

また同種の問題が生じた場合に、NISCなどへ迅速に報告が行われるよう、体制についても検証を実施し、必要に応じて指導していくと述べた。

(Security NEXT - 2021/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
外務省の検討資料が流出、個人情報も - 富士通との情報共有ツールで
NISC、「ProjectWEB」の不正アクセスで政府機関や重要インフラ事業者に注意喚起
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
NISCの一部システム情報が外部流出 - 富士通「ProjectWEB」への不正アクセスで
社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通
不正アクセスで運航情報管理システムの情報が流出か - 成田国際空港
情報共有ツール「Confluence Server」にスクリプト注入の脆弱性