Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州グループ会社にサイバー攻撃 - ダイハツディーゼル

ダイハツディーゼルは、同社グループ会社が不正アクセスを受け、システムで障害が発生したことを明らかにした。

同社によれば、5月14日よりヨーロッパを拠点とするグループ会社において、ファイルサーバにアクセスできない状態が発生しており、外部から不正アクセスを受けたことを確認しているという。

同社はネットワークとシステムを停止し、外部のセキュリティ事業者と協力して、原因や被害の範囲について調査を進めている。業務に与える具体的な影響などは明らかにしていない。

被害を受けた子会社名なども明らかにしておらず、本誌取材に対して同社の広報担当者は「二次被害などのおそれがあるとしてあえて公表していない」と理由を述べた。

「ランサムウェア」による被害との報道もあるが、同社が発表したものではなく、原因についてはコメントを避けている。調査によって確定的な情報が判明次第、可能な範囲で情報をすみやかに公表していく方針。

またヨーロッパ以外のグループ会社以外で不正アクセスは確認されておらず、国内のダイハツディーゼルグループにおける影響についても否定している。

(Security NEXT - 2021/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発