Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州グループ会社にサイバー攻撃 - ダイハツディーゼル

ダイハツディーゼルは、同社グループ会社が不正アクセスを受け、システムで障害が発生したことを明らかにした。

同社によれば、5月14日よりヨーロッパを拠点とするグループ会社において、ファイルサーバにアクセスできない状態が発生しており、外部から不正アクセスを受けたことを確認しているという。

同社はネットワークとシステムを停止し、外部のセキュリティ事業者と協力して、原因や被害の範囲について調査を進めている。業務に与える具体的な影響などは明らかにしていない。

被害を受けた子会社名なども明らかにしておらず、本誌取材に対して同社の広報担当者は「二次被害などのおそれがあるとしてあえて公表していない」と理由を述べた。

「ランサムウェア」による被害との報道もあるが、同社が発表したものではなく、原因についてはコメントを避けている。調査によって確定的な情報が判明次第、可能な範囲で情報をすみやかに公表していく方針。

またヨーロッパ以外のグループ会社以外で不正アクセスは確認されておらず、国内のダイハツディーゼルグループにおける影響についても否定している。

(Security NEXT - 2021/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市