Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング

高速道路料金の自動支払いサービス「ETC」の利用明細など確認できる「ETC利用照会サービス」を装ったフィッシング攻撃が確認された。

20210511_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、フィッシングメールは、「ETCサービス通知」「ETCサービスの一時停止」など複数の件名で送信されているという。

問題のメールは、「異常な消費記録がある」などと説明し、「アカウントを停止した」と不安を煽る内容で、アカウントを利用するためには個人情報の有効性を検証する必要があるなどとだまし、フィッシングサイトへ誘導していた。

誘導先の偽サイトでは、メールアドレスや携帯電話番号、パスワードにくわえて、ユーザー名、証明書番号、住所、生年月日、クレジットカード情報などをだましとる。

5月11日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
みずほ銀行装うフィッシングに注意 - 顧客情報の確認などとだます手口
国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生