Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止

ミナトホールディングスの子会社であるアイティ・クラフトは、同社が運用する動物病院向けオンライン受付システム「リザべる」が、不正アクセスを受けたことを明らかにした。

4月24日に同システムのサーバにおいて第三者より不正アクセスを受けたことを確認したもの。同社では同日中に対象となるサーバをネットワークから遮断。サービスを停止した。

同社は復旧に向けて、外部のセキュリティ専門機関とともに不正アクセスの内容、情報流出の有無、原因などについて調査を進めている。

本誌取材に対し、5月11日時点においても対応を進めている状況にあり、取材には対応できないとして、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず