Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超

4月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告件数は、過去最多となる4万4307件だった。フィッシングサイトのURLも前月を上回っている。

4月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は4万4307件。前月の4万3423件から884件増となった。過去最多だった1月の4万3972件を上回り、調査開始以降最多となった。1日あたり1476.9件の報告が寄せられており、前月の1400.7件から増加している。

フィッシング攻撃に悪用されたURLは、前月の5495件から96件増加して5591件。悪用されたブランドは66件で、前月の69件からわずかに減少した。引き続き、クレジットカードブランドをかたるフィッシングが目立っており、クレジットや信販系の21ブランドが攻撃に用いられている。

そのほか、仮想通貨取引所で5ブランド、ISPやホスティング事業者で12ブランドが悪用された。メールアカウントや管理アカウントの認証情報の詐取が目的のフィッシングも多数報告されている。

20210507_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の報告やURL件数の推移(フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止