Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超

4月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告件数は、過去最多となる4万4307件だった。フィッシングサイトのURLも前月を上回っている。

4月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は4万4307件。前月の4万3423件から884件増となった。過去最多だった1月の4万3972件を上回り、調査開始以降最多となった。1日あたり1476.9件の報告が寄せられており、前月の1400.7件から増加している。

フィッシング攻撃に悪用されたURLは、前月の5495件から96件増加して5591件。悪用されたブランドは66件で、前月の69件からわずかに減少した。引き続き、クレジットカードブランドをかたるフィッシングが目立っており、クレジットや信販系の21ブランドが攻撃に用いられている。

そのほか、仮想通貨取引所で5ブランド、ISPやホスティング事業者で12ブランドが悪用された。メールアカウントや管理アカウントの認証情報の詐取が目的のフィッシングも多数報告されている。

20210507_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の報告やURL件数の推移(フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア