Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性

「Samba」の開発チームは、脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。

「Samba」において、識別情報のマッピング (IDMAP) における処理に脆弱性「CVE-2021-20254」が明らかとなったもの。悪用されると、システムがクラッシュしたり、共有ファイルを権限を持たないユーザーによって削除されるおそれがある。「同3.6.0」以降に影響があり、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「6.8」と評価されている。

開発チームの調査では、リモートより脆弱性を再現する方法は見つかっていないとする一方、CVE番号の発行にあたっては慎重に判断したとし、CVSSの攻撃元区分は、ネットワーク経由で攻撃が可能であると評価している。

開発チームは、脆弱性を解消した「Samba 4.14.4」「同4.13.8」「同4.12.15」を公開するとともに脆弱性を修正するパッチをリリースした。できるだけ早期にアップデートやパッチの適用を実施するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正