Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ

「BIND 9」にリモートでコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性が判明した。アップデートが提供されている。

重要度が「高(High)」とレーティングされている「CVE-2021-25216」「CVE-2021-25215」や、「中(Medium)」とされる「CVE-2021-25214」など、あわせて3件の脆弱性が明らかとなったもの。アップデートのリリース時点で、いずれも悪用は確認されていない。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「8.1」で3件中もっとも高い「CVE-2021-25216」は、「GSS-TSIG」の認証処理に明らかとなったバッファオーバーフローの脆弱性。

デフォルト設定では影響を受けないものの、特定の環境下でリモートより脆弱性が悪用されるおそれがあり、32bit環境では任意のコード実行が可能になるという。また64bit、32bit環境のいずれも異常終了するおそれがある。リモートよりコード実行されるおそれがない64bit版では、CVSS値が「7.4」とやや低めに評価されている。

(Security NEXT - 2021/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も