Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性

NECが提供するルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性が明らかとなった。ファームウェアのアップデートを順次提供しているが、一部提供がない製品もあり、注意が必要。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、製品によって対象となる脆弱性は異なるが、あわせて7件の脆弱性が明らかとなったもの。

「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-20711」「CVE-2021-20708」「CVE-2014-8361」やクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2021-20680」「CVE-2021-20710」が判明。

さらにダウンロードファイルにおける完全性の検証不備「CVE-2021-20709」、アクセス制限不備「CVE-2021-20712」なども明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、「CVE-2021-20711」「CVE-2014-8361」が「8.8」と高い。

「WG1200HS」「WG1200HP」「WF800HP」「WF300HP2」「WR8165N」「W500P」「W300P」については、「CVE-2021-20680」「CVE-2014-8361」の影響を受けるもののアップデートの提供予定はないとしており、緩和策の実施などが呼びかけれている。

(Security NEXT - 2021/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス