Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼

共英製鋼は、2月に同社サーバが不正アクセスを受けた問題で、ランサムウェアの感染により従業員情報が流出したことを明らかにした。顧客情報など機密情報の被害については否定している。

同社に対し、2月12日に不正アクセスが行われたもので、同社は翌13日に攻撃を認知。2月16日に事態を公表するとともに、調査を進めていた。

同社によれば、今回の不正アクセスでは、VPN機器の脆弱性が突かれ、ID管理サーバがランサムウェアに感染したという。同サーバには同社グループ従業員の氏名やID、メールアドレス、パスワードなど最大1000件の情報が保存されており、外部に流出した可能性がある。

被害判明後、保全したサーバのデータを外部事業者が解析したが、顧客先の情報など機密性の高いデータの外部流出などは確認されなかったという。

同社は、被害を受けたサーバについてバックアップよりデータを復旧。業務に大きな影響はなかったとしている。今回の問題を受け、流出した情報が悪用され、「なりすましメール」などが送信される可能性もあるとして、関係者に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店