Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート

セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会)と日本テレワーク協会は、「共同利用型オフィス等のセキュリティ対策に係る認証プログラム」を提供開始した。

同プログラムは、コワーキングスペースやレンタルオフィス、シェアオフィスなど、共用オフィスにおけるセキュリティ対策について認証するもの。

両団体が取りまとめた「共同型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について(第2版)」に記載の基本対策を認証基準としている。

両団体が認証機関となっており、指定した検査機関がセキュリティ監査と脆弱性診断を実施。検査結果が認証基準に適合するか判断し、適合すれば証書と認証シールを交付するという。

20210407_si_001.jpg
認証プログラムの運営体制(図:SIOTP協議会)

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説