Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート

セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会)と日本テレワーク協会は、「共同利用型オフィス等のセキュリティ対策に係る認証プログラム」を提供開始した。

同プログラムは、コワーキングスペースやレンタルオフィス、シェアオフィスなど、共用オフィスにおけるセキュリティ対策について認証するもの。

両団体が取りまとめた「共同型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について(第2版)」に記載の基本対策を認証基準としている。

両団体が認証機関となっており、指定した検査機関がセキュリティ監査と脆弱性診断を実施。検査結果が認証基準に適合するか判断し、適合すれば証書と認証シールを交付するという。

20210407_si_001.jpg
認証プログラムの運営体制(図:SIOTP協議会)

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少