Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング

東京電力エナジーパートナーを装い、クレジットカード情報など個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。

フィッシング対策協議会によると、問題のメールでは、「クレジットカードで自動的に決済する」「クレカで払ってポイントを貯めよう」などと記載。本文のリンクより「くらしTEPCO」に見せかけた偽サイトへ誘導し、メールアドレスや住所、氏名、クレジットカード番号などを入力させようとしていた。

クレジットカードを勧めたかと思うと、脈絡もなく、「ご不便をおかけして申し訳ございません!」と突然謝罪する内容もあり、奇妙な文面となっている。また「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、一部勤務体制を変更している」といった記載も見られた。

同協議会では、4月6日に誘導先となっていたフィッシングサイトが停止していることを確認しているが、類似したフィッシング攻撃が行われる可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか