Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か

イシグロが運営する釣り具の通信販売サイトが不正アクセスを受け、利用者のクレジットカード情報が流出し、悪用された可能性があることがわかった。

同社によれば、2020年5月27日から10月22日にかけて「イシグロメイキングパーツ専門オンライン」「イシグロ中古つり具専門」を利用した顧客3171人分のクレジットカード情報4026件が流出し、不正に利用された可能性があることが判明したもの。

外部からシステムの脆弱性を突く不正アクセスがあり、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどを窃取するよう決済アプリケーションが改ざんされていた。

2020年11月6日にクレジットカード会社から流出の可能性について指摘を受け、問題が判明。1月21日に調査が完了し、同社では3月11日に警察への被害相談を行い、個人情報保護委員会へ報告を行った。

対象となる顧客には、4月5日より書面で報告や謝罪を行っており、心当たりのない請求が行われていないか確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社
JRA海外駐在員事務所でフィッシング被害 - メールボックスに不正アクセス
メール覗き見職員を処分、PWなど推測して不正アクセス - 宇陀市
サポート詐欺被害でイベント参加者名簿が流出の可能性 - 山口市