Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡

健康食品など取り扱う健康いきいき倶楽部の通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客情報が外部に流出したことがわかった。

同社によれば、「健康いきいき倶楽部公式通販サイト」が、脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。ウェブサイトのプログラムが改ざんされ、本来システム上で保存されないクレジットカード情報が記録されており、攻撃者によって不正に取得された可能性がある。2020年12月4日にクレジットカード会社から指摘があり、問題が発覚した。

2019年12月14日から2020年12月4日までに、同サイトで新規にクレジットカード情報を登録したり、登録済みのクレジットカード情報を変更した顧客が対象で、クレジットカードに関する名義や番号、有効期限、セキュリティコードなど3308件が流出し、不正に利用された可能性がある。

さらにクレジットカード情報以外の個人情報に関しても、ログによりデータを格納するサーバが不正アクセスを受けていたことが判明した。流出の対象となる件数や範囲はわかっていない。

本誌では同社に取材を求め、サーバに保管されていた個人情報の件数や含まれる具体的な内容について尋ねたが、ウェブサイト上で公表している以上の情報は開示できないとして、回答は得られなかった。

同社は、外部事業者による調査を2021年1月31日に終え、3月15日に個人情報保護委員会へ報告。同日警察に被害を申告した。クレジットカード情報が流出した可能性がある顧客に対しては、メールで個別に連絡を取り、心当たりのない請求などが行われていないか注意を呼びかけるという。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ