Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー

東急コミュニティーは、同社が管理を受託するマンションの入居者約5000人分の個人情報を元従業員が無断で持ち出し、外部事業者へ提供したことを明らかにした。

同社によれば、元従業員は2019年10月、2020年11月の2度にわたり、同社業務管理システムから25のマンション管理組合に関連する入居者情報あわせて約5000人分を持ち出したもの。

マンション名や部屋番号、氏名のほか、2020年11月に持ち出された1100人分に関しては、住所や電話番号も含まれる。

2021年1月に外部から指摘があり、2019年10月の持ち出しに関する疑いが浮上。調査を進めたところ、3月にパソコンのフォレンジック調査によって2020年11月の持ち出しに関する痕跡を発見、情報流出を把握した。同月、本人にヒアリングを実施したところ、持ち出しの事実を認めたという。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

立入検査で持ち出した医療機関関連書類を紛失 - 静岡県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
技師が院内で患者情報含むメモを紛失 - 国東市民病院
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院