Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー

東急コミュニティーは、同社が管理を受託するマンションの入居者約5000人分の個人情報を元従業員が無断で持ち出し、外部事業者へ提供したことを明らかにした。

同社によれば、元従業員は2019年10月、2020年11月の2度にわたり、同社業務管理システムから25のマンション管理組合に関連する入居者情報あわせて約5000人分を持ち出したもの。

マンション名や部屋番号、氏名のほか、2020年11月に持ち出された1100人分に関しては、住所や電話番号も含まれる。

2021年1月に外部から指摘があり、2019年10月の持ち出しに関する疑いが浮上。調査を進めたところ、3月にパソコンのフォレンジック調査によって2020年11月の持ち出しに関する痕跡を発見、情報流出を把握した。同月、本人にヒアリングを実施したところ、持ち出しの事実を認めたという。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市