Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.4.2」「同12.5.2」「iPadOS 14.4.2」「watchOS 7.3.3」をリリースした。ゼロデイ脆弱性に対処したという。

今回のアップデートは、いずれも「WebKit」におけるユニバーサルクロスサイトスクリプティング(UXSS)の脆弱性「CVE-2021-1879」に対処したもの。同社では、同脆弱性が悪用されたとする報告があることを把握しているという。

また同脆弱性へ対処するため、「iPhone 5s」「iPad Air」「iPad mini 2」など、新OSへアップデートできない機種向けにも「iOS 12.5.2」を用意している。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性