Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.4.2」「同12.5.2」「iPadOS 14.4.2」「watchOS 7.3.3」をリリースした。ゼロデイ脆弱性に対処したという。

今回のアップデートは、いずれも「WebKit」におけるユニバーサルクロスサイトスクリプティング(UXSS)の脆弱性「CVE-2021-1879」に対処したもの。同社では、同脆弱性が悪用されたとする報告があることを把握しているという。

また同脆弱性へ対処するため、「iPhone 5s」「iPad Air」「iPad mini 2」など、新OSへアップデートできない機種向けにも「iOS 12.5.2」を用意している。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も