Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

編集プロのメルマガに登録者メアド - 操作ミスで

コンテンツ制作などを行っている編集プロダクションのCROCOは、メールマガジンを通じて登録者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、同社記事代行サービスの運営事務局が3月15日22時ごろ配信したメールマガジンにおいて、メールマガジン登録者のメールアドレス2752件が本文に記載された状態となった。

メールマガジンを送信する際、配信システムで配信先リストを本文として誤って設定するミスがあったという。問題のメールマガジンは、2万1757件のメールアドレスに対して配信された。

同社では3月16日、同メールマガジンの受信者に対し、メールアドレスの流出について謝罪。問題のメールマガジンについて削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁