Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

編集プロのメルマガに登録者メアド - 操作ミスで

コンテンツ制作などを行っている編集プロダクションのCROCOは、メールマガジンを通じて登録者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、同社記事代行サービスの運営事務局が3月15日22時ごろ配信したメールマガジンにおいて、メールマガジン登録者のメールアドレス2752件が本文に記載された状態となった。

メールマガジンを送信する際、配信システムで配信先リストを本文として誤って設定するミスがあったという。問題のメールマガジンは、2万1757件のメールアドレスに対して配信された。

同社では3月16日、同メールマガジンの受信者に対し、メールアドレスの流出について謝罪。問題のメールマガジンについて削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市