Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も

九州大学は、ウェブシステムのマニュアルとともに機密情報である助成事業の申請情報が職員によって外部に持ち出され、転職先である九州産業大学のウェブサーバより流出したことを明らかにした。

九大における科学研究費助成事業の申請に関する機密情報を含むファイルが、九産大のウェブサーバにおいて外部から閲覧できる状態となっていたもの。2020年10月15日に九大職員の指摘によって判明した。

具体的には、2018年秋の科学研究費助成事業の申請に関する2235件の情報で、研究者の氏名や所属、研究課題名のほか、一部には研究の要約や住所、連絡先なども含まれる。

九産大が調査を行ったところ、同年3月より同大で働く職員が、同年2月の九大在職当時に科学研究費助成事業申請情報の検索システムに関するマニュアルを持ち出していたことが判明。マニュアルには機密情報にあたる申請データなども含まれていたが、同職員は申請データが含まれていることを認識していなかったという。

問題のファイルは、九産大がウェブを公開した同年7月16日からデータを削除した10月16日早朝までアクセスできる状態だった。ログを調査したところ、9月13日以降、399件のアクセスがあったという。9月13日以前に関してはログが残っておらず、アクセス状況はわかっていない。

(Security NEXT - 2021/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命