Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

観光促進キャンペーンの当選メールで送信ミス - 高知県

高知県が、観光需要の早期回復に向けて県内在住者を対象に実施したキャンペーンで、応募者へのメール連絡時にミスがあり、メールアドレスが流出した。

2月20日から28日にかけてインターネットやはがきで募集した「高知でお泊まりキャンペーン(プレゼント型)」において、インターネットから応募した一部当選者のメールアドレス721件が流出したもの。

3月5日に委託先である南放セーラー広告より当選を通知する際、当選者を複数のグループにわけてメールを送信したところ、6グループにおいて誤って「CC」を利用したため、同じグループの受信者間でメールアドレスが確認できる状態となった。6グループを送信したところでミスに気がつき、「CC」の利用を中止したという。

今回の問題を受けて、同社では対象となる当選者に電話やメールで、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
特別支援学校のボランティア宛メールで誤送信 - 埼玉県
説明会案内メールを誤送信、参加者のメアド流出 - 国交省
イベント案内メールで誤送信、メアド流出 - 福知山大北近畿機構
案内メールを「CC」送信でメアド流出 - 朝日新聞
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
顧客宛のメールで4回にわたり「CC」送信 - バイク王