Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都

東京都は、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業において、申請事業者に関連する個人情報含むメールを、異なる事業者へ送信するミスがあったことを公表した。

都によれば、3月3日に福祉保健局において、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業の申請事業者に対し、申請関係のデータをメールで送信した際、誤って別の申請事業者へ送信するミスがあったという。

誤送信したデータには、申請事業者の職員など、慰労金の対象者7人に関する氏名、住所、生年月日のほか、報告書を作成した担当者の氏名とメールアドレスが含まれていた。

翌4日に担当者が誤送信に気づき、連絡が取れた5日に誤送信先を直接訪問してメールの削除を確認した。個人情報が漏洩した事業者には、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村