Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都

東京都は、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業において、申請事業者に関連する個人情報含むメールを、異なる事業者へ送信するミスがあったことを公表した。

都によれば、3月3日に福祉保健局において、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業の申請事業者に対し、申請関係のデータをメールで送信した際、誤って別の申請事業者へ送信するミスがあったという。

誤送信したデータには、申請事業者の職員など、慰労金の対象者7人に関する氏名、住所、生年月日のほか、報告書を作成した担当者の氏名とメールアドレスが含まれていた。

翌4日に担当者が誤送信に気づき、連絡が取れた5日に誤送信先を直接訪問してメールの削除を確認した。個人情報が漏洩した事業者には、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不審勧誘で苦情、契約者情報の漏洩を調査 - JSB
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位