Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給者の個人情報が流出、市長宛に届く - 八潮市

埼玉県八潮市は、生活保護受給者や保護者の個人情報が記載された書類が外部に流出したことを明らかにした。同市長宛てに郵送されたことで判明したという。

同市によれば、3月3日に個人情報を含む書類が市長宛てに郵送されたもの。問題の文書は生活保護受給者の連絡先確認用として作成したもので、生活保護受給者や保護者などあわせて46人分の個人情報が記載されており、氏名や電話番号などが含まれる。

体調に不安を抱える生活保護受給者が、年末年始に体調を崩した際に対応するため、2020年末に用意した書類で、関係者であれば印刷して利用できる書類だった。年始以降は利用していない。

同市の市役所社会福祉課前の廊下で拾得したなどとあり、差出人として同市外の住所や名前など記載されていたが、一部情報で送信元を確認することはできないという。

同市では流出の経緯や原因について、職員への聞き取りなど調査を進めるとともに、事件性の有無を含め、関係機関に相談している。対象となる関係者に対しては経緯を報告し、謝罪した。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀