Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給者の個人情報が流出、市長宛に届く - 八潮市

埼玉県八潮市は、生活保護受給者や保護者の個人情報が記載された書類が外部に流出したことを明らかにした。同市長宛てに郵送されたことで判明したという。

同市によれば、3月3日に個人情報を含む書類が市長宛てに郵送されたもの。問題の文書は生活保護受給者の連絡先確認用として作成したもので、生活保護受給者や保護者などあわせて46人分の個人情報が記載されており、氏名や電話番号などが含まれる。

体調に不安を抱える生活保護受給者が、年末年始に体調を崩した際に対応するため、2020年末に用意した書類で、関係者であれば印刷して利用できる書類だった。年始以降は利用していない。

同市の市役所社会福祉課前の廊下で拾得したなどとあり、差出人として同市外の住所や名前など記載されていたが、一部情報で送信元を確認することはできないという。

同市では流出の経緯や原因について、職員への聞き取りなど調査を進めるとともに、事件性の有無を含め、関係機関に相談している。対象となる関係者に対しては経緯を報告し、謝罪した。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高