Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市

北海道旭川市は、業務委託先においてランサムウェアの感染が発生し、市営住宅の入居者情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同市によれば、2月23日に業務委託先であるランドブレインのサーバがランサムウェアに感染したもの。データが暗号化され、3月2日には情報が流出している可能性が判明した。

流出した可能性があるのは、市営住宅に入居しているあわせて346世帯の情報。238世帯に関しては氏名、住宅番号、電話番号、生年月日、世帯構成、所得分位が被害に遭った可能性がある。また55世帯の氏名、住宅番号、電話番号、53世帯分の住宅番号、生年月日、世帯構成、所得分位などが含まれる。

今回の事態を受け、同市では3月3日から5日にかけて対象となる入居者を訪問。在宅している場合、事情の説明と謝罪を行ったほか、不在者に対しては文書を配布した。

まもなく同社との契約期間については終了する予定で、同市でデータも保有していることから暗号化による業務への影響はないという。

(Security NEXT - 2021/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明