Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、ファイルの権限管理を実現する「Oracle IRM」をリリース - APIにより連携自在

日本オラクルは、企業内のコンテンツ保護や利用権限の管理を実現するセキュリティソリューション「Oracle Information Rights Management(Oracle IRM)」を発売した。

同製品は、企業内のファイルを暗号化し、ユーザーに応じて権限を付与することで、データの漏洩や不正利用を防止することができるセキュリティ製品。LDAPとの連携や全文検索にも対応している。

クライアントPCに対してエージェントをインストールし、ファイルを開く際にIRMサーバへアクセスして本人認証を行うことで利用制限を実現。ファイルの閲覧、コピー&ペースト、キャプチャ、印刷、利用期限など20種類の権限を付与することが可能で、権限の取り消しにも対応している。

ユーザーのクリック操作だけでなく、特定のフォルダへ保存することで権限を付与させることができる。さらに豊富なAPIが用意されており、ウェブ上でファイルをダウンロードする際、ユーザーに応じて権限を自動的に付与するといった利用が可能となっている。

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化