Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ

インフォサイエンスの複数ログ管理製品に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「Logstorage 8.0.0」「ELC Analytics 3.0.0」や以前のバージョンにおいて「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-5626」が判明したもの。

これら製品においてログをFTP経由でアップロードする際、対象ファイル名の指定に不備があると、細工されたログをアップロードされた場合に任意のOSコマンドを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.5」。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正したアップデートが提供されているほか、緩和策がアナウンスされている。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に