Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を

丸井グループのクレジットカード「エポスカード」の利用者を狙い、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。

フィッシングメールを送りつけ、本人による利用か確認したい取り引きがあるなどと称し、同カードの利用者向けサイト「エポスNet」に見せかけた偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が発生しているもの。利用確認を行なわないと利用が制限されるなどと不安を煽っていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、ログインIDやパスワード、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、生年月日、電話番号などの情報をだまし取られるおそれがある。

フィッシング対策協議会では、1月25日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似するフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を