Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センターは、同センターが運用する「小児医療情報収集システム」が不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同センターによれば、医療施設などより小児に関する薬剤投与の情報を収集し、投与の有無や副作用の発現頻度などの解析に用いている「小児医療情報収集システム」が不正アクセスを受けたもの。

同センターでは同システムを停止し、調査を進めている。不正アクセスを受けた同システムやサーバにおいて、個人情報は取り扱っておらず、保存なども行われていないという。

(Security NEXT - 2021/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
スマホゲーム「イケメン戦国」でデータ破損 - 一時全データが確認不能に
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
スマホゲーム「イケメン戦国」で障害 - 不正アクセス原因か
園芸情報サイトが改ざん - 不正コードにより外部サイトへ誘導
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性