Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センターは、同センターが運用する「小児医療情報収集システム」が不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同センターによれば、医療施設などより小児に関する薬剤投与の情報を収集し、投与の有無や副作用の発現頻度などの解析に用いている「小児医療情報収集システム」が不正アクセスを受けたもの。

同センターでは同システムを停止し、調査を進めている。不正アクセスを受けた同システムやサーバにおいて、個人情報は取り扱っておらず、保存なども行われていないという。

(Security NEXT - 2021/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
メルアカ2件がスパム踏み台被害、外部流出PWを悪用か - 愛媛大
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
PCパーツ通販に不正アクセス - クレカ情報流出、悪用された可能性
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI