Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導

京都府長岡市で開催される長岡京ガラシャ祭のウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。個人情報の流出は確認されていないという。

長岡京ガラシャ祭実行委員会事務局によれば、不正アクセスにより改ざんされ、外部サイトへ転送するコードが埋め込まれていたもの。外部から指摘があり判明した。

ウェブサイト管理ツールの脆弱性が突かれ、2020年12月29日11時ごろから2021年1月5日10時ごろにかけて改ざんされた状態になっていたと見られる。

同事務局では1月5日にサイトを停止し、アカウントのパスワードを変更。ウェブに関するデータを削除し、安全が確認されたバックアップファイルをもとに、脆弱性を修正したうえで、復元した。同サイトでは個人情報を取得しておらず、個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん
家具やインテリアの通販ショップに不正アクセス
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも