Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導

京都府長岡市で開催される長岡京ガラシャ祭のウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。個人情報の流出は確認されていないという。

長岡京ガラシャ祭実行委員会事務局によれば、不正アクセスにより改ざんされ、外部サイトへ転送するコードが埋め込まれていたもの。外部から指摘があり判明した。

ウェブサイト管理ツールの脆弱性が突かれ、2020年12月29日11時ごろから2021年1月5日10時ごろにかけて改ざんされた状態になっていたと見られる。

同事務局では1月5日にサイトを停止し、アカウントのパスワードを変更。ウェブに関するデータを削除し、安全が確認されたバックアップファイルをもとに、脆弱性を修正したうえで、復元した。同サイトでは個人情報を取得しておらず、個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバが侵害、PW改ざんや不正ファイル設置 - こころネット
サイトが改ざん被害、アラビア語の通販サイトに誘導 - 三浦工業
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
旧メールシステム侵害、メアド流出の可能性 - 人材派遣会社
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
ケーズデンキ通販サイトに不正ログイン - 約300万円の不正注文
統合DBシステムで不正ログイン被害、改ざんも - 上智大